安全性を高める【地盤調査、地盤改良の必要性を知る】

土地を調べ改良しよう

安定性を求める

建物を安全に支持出来るかどうかを調べることを地盤調査といいます。地盤調査では、土の積石環境や、生成発展を細かく調べていきます。調査の結果、そのままの状態では安定性が保てないと判断された場合は、地盤改良、土質改良プラントが行われます。地盤調査を無視して建物をたててしまうと、地盤がしっかりと安定していないので、建物自体が傾いてしまいます。そうなると、後々大変なトラブルを引き起こしてしまうので、建物をたてる際は、必ず地盤調査を行うようにしましょう。

地盤改良の方法は、大きく3つの種類にわけられ、「表層改良工法」、「柱状改良工法」、「鋼管杭(こうかんぐい)工法」とあります。表層改良工法では、軟弱地盤層の強度を上げていき、地盤の安定性を高めていきます。柱状改良工法は、地盤に強度を加えるのではなく、土の中に柱を造って地盤を強化していきます。柱はコンクリート製なので、しっかりとした地盤に仕上げる事が出来ます。鋼管杭工法とは、柱状改良工法と似たような作業を行います。柱状改良工法では、コンクリートの柱を土の中に造りますが、鋼管杭工法では、土の中に鋼製の杭を打ち込んで、地盤を安定させます。このように、地盤改良には、様々な種類があり、地盤の状態によって工法が変わってきます。費用も大きく異なるので、マンションやアパートといった建物をたてる際は、こうした地盤調査、地盤改良の費用なども細かく把握しておく必要があります。

  • 地盤を確かめる

    新しい建物を建てるときには、地盤を確認することが大切になります。地盤が弱い時には、地盤改良を行う必要性が出てきます。專門業者に依頼をすることで、強度を高めることができます。

    ▶もっと読む

  • 地盤の調査は大事

    地盤調査を行なうには、地盤が軟弱かを調べることが大切です。軟弱地盤かを知らないで家をたててしまうと、災害が起きた時に地盤沈下に悩まされてしまう可能性があります。地盤が沈下してしまうと家自体も斜めになります。

    ▶もっと読む

  • 土壌の品質

    土壌の品質を保つためには、土質改良ブラントを利用しましょう。土質改良プラントは土壌の土質を改善してくれます。また、騒音を防ぐことが出来るので、家を建てるときは、必ず行っておきましょう。

    ▶もっと読む